こんにちは。京都市、亀岡市、宇治市、向日市、長岡京市、八幡市をはじめとした、京都南部にてご対応させていただいております、石材店かわむらの川村です。宇治市内の墓地にて、お墓の雑草対策を行いましたので、ご紹介いたします。

 

宇治市墓地 防草施工

 

お墓の防草工事のご依頼をいただきました。ご納骨を控えているということで、宇治市内の墓地にあるというお墓まで伺いました。

 

こちらがご相談のお墓です。以前から雑草に悩まれていたそうで、一度お客様がご自分で雑草対策をされたそうなのですが、その後苔が生えてきたりしたため、きれいにやり直してほしいということでした。土の表面に緑色に見えているのが苔です。お墓全体に生えていますね。

こちらのお隣のお墓を以前当店で防草施工させていただいたことがあり、それをご覧になって「同じようにしたい」と思われたそうです。同じ方法での施工が可能でしたので、ご説明やお見積りをして工事をお任せいただけることになりました。

 

工事が始まりました。まずは、苔が生えてしまっていた表面を解体していきます。土のように見えますが、固まって草が生えてこないようにするもののようでした。それほど厚みはなく数センチほどで、その部分を割って掘り起こしていきます。

 

割り終えたらすべて取り除き、土をならして、これから行う防草施工の準備が完成しました。

 

お墓専用の防草の土を敷いていきます。巻き石の高さより数センチ土を掘り下げたところに、しっかり厚く敷き詰めていきます。これまで何度も同じ方法で防草施工をしてきましたが、その経験上、分厚く厚く施工しないと効き目がないことが分かっているので、十分な厚みを持たせています。

 

隅々まできれいに防草土を敷き詰めました。表面をしっかり叩き締め、傾斜をつけてならしました。最後に固めの仕上げをして完成です。

 

仕上がったばかりの様子です。時間の経過とともに色は少しずつ変化していきます。お墓の立地にもよりますが、これだけ十分な厚みを持たせていれば、すぐに草が生えてくることはないと思います。

その後、ご納骨のお手伝いもさせていただいて、無事にきれいなお墓で納骨法要を終えることができました。広いお墓のお手入れはこれまで大変だったと思いますが、しっかり防草施工が完了したお墓へ、これからは気軽にお参りにお越しいただけると嬉しいです。

お墓の防草施工は、当店でもよくいただくご相談の一つです。ひとくちに防草施工といっても、石貼りやコンクリート、防草土など、その方法や使用する材料などは様々です。当店では、たくさんの防草工事をさせていただいた経験から、それぞれのお墓の立地や環境、ご希望に合わせた方法を、細かい点まで考慮して分かりやすくお客様にご提案しています。中には、生えている草の種類によってはしっかり固めないと突き抜けてしまう場合もありますし、草が生えてくるのは困るけれど「固めたくない」と希望されるお客様もたくさんいらっしゃいます。ケースに応じて柔軟に様々なご提案ができるように努めています。

また、必ず事前にご説明・お見積もりを差し上げて、ご納得いただいた上で工事に入りますので、「どんな方法があるの?」「どんな工事をするの?」とご心配な方は、ぜひお気軽にご相談ください^^ お客様のお墓に適した雑草対策をご提案いたします!

 

お墓の防草対策に関する記事

●京都市伏見区醍醐共同墓地にて、お墓の雑草対策。大きく張った根を取り除き、管理しやすいお墓へ
●周りのお墓と調和した、伝統的京都型のお墓を建立。お世話になっている京都市右京区のお寺様墓地にて
●和洋折衷型のコンパクトな墓石を建立。細部も丁寧な設計や加工、京都市伏見区の地域墓地にて
●京都市右京区のお寺様墓地にて京都型8寸和型墓石を建立。石目・色合いも美しい愛媛県産大島石
●京都府宇治市の宇治善法墓苑にて、和型墓石を建立しました。長い階段も安全に丁寧に、運搬・設置を完了。
●向日市にて、お墓の建て替え工事をさせていただきました。8寸京都型、愛媛県産大島石のお墓
●お墓の草抜き・お掃除等をさせていただきました。

お墓の雑草対策はこちら>>