こんにちは。京都市、亀岡市、宇治市、向日市、長岡京市、八幡市をはじめとした、京都南部にてご対応させていただいております、石材店かわむらの川村です。京都市伏見区の地域墓地にて、和洋折衷型のコンパクトな墓石を建立いたしましたので、ご紹介します。

 

伏見区地域墓地 新規洋墓建立

 

ホームページをご覧になって、お電話でお問い合わせをいただきました。墓地はすでにお持ちで、納骨を控えているのでお墓を作りたいということでした。ご一緒に墓地に行き、お話しを伺うことになりました。

 

こちらが伏見区地域墓地にあるお客様がお持ちの墓地です。お話しを伺うと、お墓のご希望としては、「特別に大きなお墓はいらない」とおっしゃっていました。石の種類にもこだわらないので、ある程度の予算でコンパクトなお墓にしたい、具体的なお墓のデザインや機能性についてはよくわからないので、「小さめのお墓」ということで何か提案してほしいということでしたので、和型のお墓のコンパクトなタイプや、一般的な洋型のお墓など、いくつかこちらからご提案をさせていただきました。最終的には、その中間のような縦に長いタイプのコンパクトなお墓を選んでいただいて、工事に入りました。

 

 

納骨室を設置しました。お墓はコンパクトですが納骨室は一般的で、十分な広さがあります。

 

お墓の下台を据え付けました。大きく開いているところから納骨します。手前に小さな穴が空いているのはお花立てを設置する部分です。それぞれを別々のパーツにせず、一枚物の石を加工して作りました。この方が、上に重さのある棹石を置いても強度を保つことができます。

 

下台の上に、上台を据え付けています。耐震ボンドとゴムパッドを併用して、しっかり耐震施工しています。

 

棹石も同じように、耐震施工で据え付けました。

 

納骨室の内部はこのようになっています。中央の底の部分は土を残しています。すべてコンクリートで覆っていないので、内部に水が溜まらず地中に排水され、長い年月でご遺骨が土に還るようにしています。

 

納骨室の入り口に蓋石を設置し、ステンレスの花立てと線香立てを設置しました。花立ては脱着式なので、取り外してお水の交換も楽にできます。お墓の周りはコンクリートで防草施工をし、玉砂利を敷いて完成です。

 

完成しました!

和型と洋型の中間、和洋折衷タイプのコンパクトなお墓です。棹石の額加工や上台の亀腹加工など、細部も丁寧に仕上げました。蓋石の端には、納骨の際に開閉しやすいように取っ手もつけました。

 

今回は、「コンパクトで見た目もよく、お参りしやすいお墓」というコンセプトで自分なりに考え、加工担当者とも話し合って細かい部分もこだわって設計しました。蓋石の前面は丸く膨らませています。

 

事前に大きさもお話ししていましたが、周りのお墓と比べるとやはりコンパクトなので、実際にご覧になったお客様がどうお感じになるかなと思っていましたが、とてもご満足いただけたので良かったです^^ 図面で見ていたよりもずっといいなあ!とおっしゃっていただけました。

今回は、お客様のご希望に合わせた和洋折衷のコンパクトなお墓をご紹介しました。当店では、ご希望であればどんなお墓でもそれに沿って作ることが可能だと考えています。具体的ではなくても構いませんので、「こんな感じのお墓がいい」というご希望がありましたら、イメージだけでもお話しいただければと思います。そのご希望から具体的なお墓の設計を考え、既存の形にこだわらず、できる限りご希望に沿ったお墓をご提案してまいります。ですので、お墓作りにあたっては、一度でも構いませんのでじっくりお話しをする機会をいただけるとありがたいです。

このたびはお声かけいただいてありがとうございました。何かお困りのことなどございましたら、どうぞお気軽にお声かけください!

 

京都市内でのお墓工事に関する記事

●京都市右京区のお寺様墓地にて京都型8寸和型墓石を建立。石目・色合いも美しい愛媛県産大島石
●京都府宇治市の宇治善法墓苑にて、和型墓石の建立しました。長い階段も安全に丁寧に、運搬・設置を完了。
●京都市右京区のお寺様墓地にて、軍人さんの大きなお墓の傾き直し。沈下による傾きを、地盤改良と耐震施工で安心のお墓に
●京都市右京区のお寺様墓地に、8寸京都型のお墓が完成。長い年月が経っても安心の愛媛県産大島石のお墓
●棹石の交換と霊標の新設、同墓地内での移設工事をさせていただきました。香川県産庵治石細目のお墓、京都市西京区の沓掛墓地にて
●クレーン等が入れない場所でのお墓じまい工事。状況に合わせての工事、京都市営清水山墓地にて