こんにちは。京都にて、気持ちの良いご対応をモットーにお仕事をさせていただいております、石材店かわむらの川村です。今回は、京都府右京区のお寺様墓地で、1.2m四方のお墓じまいの様子をご紹介いたします。

 

【施工前後のお写真】

 

今回のお客様は、ホームページをご覧になってお問い合わせのメールをくださったお客様です。このたびお墓じまいをご希望でした。

ご高齢になられて、階段を上ったところにあるお墓へのお参りが大変になってきたので、お墓じまいをしてそのご遺骨を永代供養塔へ納骨しようかと考えておられました。

ご相談と一緒にお墓のお写真でメールをいただいて、現地へ確認に向かい、まずはお見積もりを差し上げました。費用面も重視されていて、他社さんにも見積もりを取られてしっかり比較検討された結果、弊社にお任せいただくことになりました。

 

こちらは施工前のお墓です。当日はお客様もいらっしゃって、まずはご一緒にお性根抜きの法要の準備をしました。ご住職様も来て頂いての法要のあとは、お客様とご住職様のお立会いのもと、ご遺骨の取り出しをさせていただきました。

ご遺骨は取り出したあとさらしの袋にお入れし、湿気がもれないようにきちんと密封された袋にさらにお入れしてお客様にお渡ししました。お客様ご自身で持ち帰って永代供養塔へご納骨にいらっしゃるということで、「あとはよろしくお願いします」と託されてお帰りになられました。

無事法要と取り出しを終え、お客様をお見送りしたあと、作業に入ります。

 

お墓のある場所は、このように長い階段を上った先にありました。駐車場からはかなり上っていかなければいけない場所でした。ご高齢で足元がご心配なお客様にはかなり厳しいのではないかなという印象でした。

作業のための車などは当然入れませんので、こうしたエンジンつきの運搬車をお墓の前まで上げての作業になります。階段を壊さないように、道板を敷いて上げていきます。

 

工事が完了しました!

お墓をすべて取り外し、化粧土を入れて、きれいに慣らして完成です。

作業完了後、この写真を完成の報告に添えてお送りして、お墓じまい完了となりました。「本来なら直接会って打ち合わせをしたりしなければいけないでしょうけど、メールばかりで申し訳ない」と、お客様はお気遣いくださっていましたが、「メールでのやりとりで対応してもらったので、やりやすくて良かったです」ともおっしゃってくださいました。ありがとうございました。

 

弊社では、京都市内はもちろん、周辺の亀岡市や向日市、宇治市をはじめとする京都府南部、時には県外でもお墓じまいのお仕事をさせていただいております。実績も十分ですので、安心してお任せください!

 

 

また、今回のように、見積もりや工事をお願いしたいけど色々な理由で現地へ行くのは難しいということで、お電話やメールで対応させていただくご依頼は、ここ数年増えています。
その際、お写真や地図を書いて準備していただいているともちろんとても助かりますが、もしお写真がない場合やお電話のみの場合でも、どうぞ遠慮なくご連絡ください! お墓正面の文字や建立者の方のお名前など、何か目印となるものがあれば、私が現地へ行ってお墓を探すことができますので、安心してまずはお気軽にご相談いただきたいと思います。

今後も弊社ならではのフットワークを活かして、お客様のお役に立てるよう努めて参ります。