こんにちは。京都一円にて、気持ちの良いご対応をモットーにお仕事をさせていただいております、石材店かわむらの川村です。今回は、京都市右京区の河原町墓地にて、ご戒名の追加彫刻をさせていただきましたので、ご紹介いたします。

こちらのお客様はお寺様からのご紹介でした。今回ご家族様が亡くなられ、戒名の追加彫刻をご希望でした。

 

当店から車で10分ほどの京都市右京区の「河原町墓地」です。近所の墓地ですので、よく色々なご相談をいただきます。

 

こちらがお客様のお墓です。今回は、向かって右側のお墓の棹石側面に彫刻をします。

 

当店では彫刻の際、工場に棹石を持ち帰って彫刻を施します。

 

今回特にお客様からのご要望はなかったのですが、簡単なクリーニングをさせていただきました。このお墓は建てられてから30数年経っていましたので、このように通常のお掃除では取れないような水垢などの汚れが付いていました。このたびご納骨を控えておりましたし、きれいにして気持ちよくご納骨式を迎えられるように準備をいたしました。

 

クリーニング後です。汚れの強い部分は専用の道具を使用して手作業でクリーニングをしました。お水鉢の部分も汚れが付いていましたが、スポンジで丁寧に水洗いを続けるとこのようにきれいになりました。

 

彫刻が終わって設置が完了した様子です。お客様のご要望で、当初は3名分の彫刻をする予定でスペースを空けて彫刻されていましたが、今回彫刻する方を合わせて将来的には計4名分を彫刻したいとのことでした。ですので今回の彫刻は、もう1名分の彫刻スペースを確保できるよう、文字の大きさや配置を考えて彫刻しています。

当店では、文字の彫刻の際は、できるだけ既存のものに字体や大きさなどを合わせられるように気をつけるのはもちろんですが、必ず石を工場に持ち帰って彫刻をします。現地で彫るより、より丁寧に彫ることができますし、このように白っぽい石で色を入れない素彫りでも、しっかりと彫刻することで文字が見えやすく仕上げることができます。これまでもたくさんの彫刻をさせていただく中で、素彫りなので字が見えにくいとおっしゃるお客様はやはりいらっしゃいました。ですので、彫り方には特に気を遣っています。

今回のように、お客様からご依頼いただいたこと以外に、簡単な掃除などをさせていただくこともあります。ちょっとした作業ですが、お客様に末永く、気持ちよくお参りしていただけるよう、お手伝いできればと思っております。