こんにちは。京都市、亀岡市、宇治市、向日市、長岡京市、八幡市をはじめとした、京都南部にてご対応させていただいております、石材店かわむらの川村です。滋賀県大津市にて、白御影石の洋型墓石を新設しましたので、ご紹介いたします。

 


滋賀県大津市 お墓の新設

 

ホームページをご覧になったお客様からのご相談です。滋賀県大津市にお住まいのお客様でした。墓地はすでにお持ちで、お墓を建てたいので見積もりをしてほしいというご相談でした。おおよその費用等が分かる資料をお客様へお送りして、その後またご連絡をいただき、現地でお会いしてお話しを伺うことになりました。

 

こちらがお墓を建てる墓地です。すでに巻き石まで作られていました。事前にお送りした資料の中に気に入られた洋型のお墓があり、周りにも同じような洋型のお墓が建っていたこともあり、「こんなお墓にしたい」というご希望をいただきました。お考えのご予算もあり、ご希望に沿って具体的なご提案を差し上げました。

 

工事が始まりました。まずは、納骨室を設置するための穴を掘っています。

 

納骨室を設置しました。これから下台を据え付けていきます。納骨室の中央、底の部分は土を残していますので、内部に水が溜まりません。

 

下台を設置したあと、棹石を据え付けています。今回は現地の通路が狭かったため、クレーン車が通れませんでした。重量のある石などはお墓の近くまで運搬車で運んできました。据え付けの際は、「三又(さんまた)」と呼んでいる道具で石を吊り上げて据え付けます。

 

下台と棹石を、耐震ボンドとゴムパッドで耐震施工で接着します。

 

棹石の据え付けが終わりました。下台手前のくぼみは水溜めです。

 

棹石と台座の間は防水シリコンでコーキングしています。隙間からお墓内部に水が浸入することを防ぎます。

 

納骨室の入り口です。きれいにならした砂の上に、さらし袋に入れたご遺骨を安置します。この入り口には蓋石を設置します。

 

蓋石の上に、香炉と花立てを設置しました。周りはコンクリートで草止めしています。

 

玉砂利を敷いて完成です!

シンプルで明るい色合いの、白御影石の洋型墓石が完成しました。

 

棹石です。正面は、「倶会一処」と彫刻しました。当初は、この棹石の形で縦書きに彫刻したいとご希望でしたが、縦書き・横書き両方のパターンを見ていただいて、横の方が納まりがよいということで最終的には横書きになりました。額加工を施して高級感ある仕上がりです。また、天面は大きく丸みを持たせています。

 

花立て正面にはご家名、香炉には家紋を入れました。蝋燭立ては風防付きで、火をつけた後にこのカバーを被せてお参りします。少々の風なら火が消えることはありません。香炉や花立ては、石がぶつかって掛けたりすることとないように丸面取りをしています。

 

側面には、建立年月日と建立者の方のお名前を彫りました。

 

背面には、ご生前のお名前や亡くなられたご年齢などを彫刻しています。彫刻はすべて素彫りで、文字部分には色を入れていません。
今回のように白っぽい色合いや石目がはっきりした石を使用した場合、濃い色合いの石や石目の細かい石に比べると、どうしても細かい素彫りの文字は見えにくくなってしまいます。時間が経つと少しずつ色味が変わってきて見やすくなりますが、初めからはっきりと見えるようにするためには、文字部分に色を入れておくことをおすすめしています。今回も事前にそれをお伝えし、彫刻が済んだ時点で一度ご確認いただきましたが、色を入れると経年ではがれたりするので維持も手間がかかるから・・・ということで、お客様のご了承を得てこのまま素彫りに色なしでの仕上げとなりました。

 

すっきりしてシンプルながらも、丸みを持たせた棹石や、丁寧に丸面取りをした香炉・花立てなど、細部を丁寧に作ることで、全体に柔らかい印象に仕上がりました。

今回は、お客様のご要望やお考えのご予算に沿ってご提案し、完成したお墓の仕上がりにはご満足いただけました! ただ、文字彫刻部分については、事前にご確認いただいていましたが完成したお墓を実際に目の前にされると「少し見えにくかったかな・・・」と心配されているご様子でした。石の色合いや石目による彫刻の見えやすさについては一般のお客様には分からないことですし、今回のように事前にしっかり確認していただいたお客様でも、実際に完成したお墓をご覧になると見えにくいと感じられるケースもあります。やはりこれまで同様に、事前にこちらから念入りにお伝えしておくことが大切だなと改めて感じました。

時間の経過で見えやすくなってきますが、お参りをされていてもし気になるようでしたら、後日文字の色を入れることももちろん可能です。その際はどうぞお気軽にお声かけください^^

 

お墓の新設に関する記事

●和洋折衷型のコンパクトな墓石を建立。細部も丁寧な設計や加工、京都市伏見区の地域墓地にて
●京都市右京区のお寺様墓地にて京都型8寸和型墓石を建立。石目・色合いも美しい愛媛県産大島石
●京都府宇治市の宇治善法墓苑にて、和型墓石を建立しました。長い階段も安全に丁寧に、運搬・設置を完了。
●京都市右京区のお寺様墓地に、8寸京都型のお墓が完成。長い年月が経っても安心の愛媛県産大島石のお墓
●京都市営深草墓地にて、愛媛県産大島石の和型墓石を新設いたしました。すっきりと上品で、強度面も安心のお墓
●お寺様墓地にて、庵治中目の夫婦墓の追加工事をいたしました